はじめに

Omise について

Omise Paymentは、数行のコードを実装するだけで、あなたのウェブサイトやモバイルアプリに主要5ブランドのカード決済を導入できるサービスです。エンジニアフレンドリーなRESTful APIに加えて、開発言語ごとのライブラリ、モバイルSDK、オープンソースECプラットフォーム用プラグインをご用意しています。

ご利用開始の流れ

まずは、Omiseアカウント登録を行います。Omiseアカウントは、テストダッシュボード(テスト環境)とライブダッシュボード(商用環境)で構成されており、加盟店審査の通過を待たずにAPIレビュー・実装をスタートすることができます。

ご契約完了後にAPIキーをテスト版からライブ版に差し替えることで、新サービスリリース直前のお申し込みでも十分にテストを行った上で、決済を開始できます。

アカウント登録をする

ご希望のメールアドレスとパスワードを設定し、Omiseアカウントを開きます。

決済を行う(Card)

Omise.jsでカード情報をトークン化し、クレジットカード情報の非保持化を徹底しましょう。

課金を行う(Charge)

カード情報を安全に保管しておくには、トークン化されたカード番号をCustomerオブジェクトと紐づけましょう。2回目以降はCustomerオブジェクトを呼び出すだけで済みので、お客様はワンクリックで支払いを完了できます。

返金を行う(Refund)

お客様へ返金をする際は、該当課金が5つの条件に当てはまらない事を確認してください。返金方法は全額または一部返金から選択できます。

振込を行う(Transfer)

売上金の振込には、レシピエント(Recipient)の登録と、Omiseによるそれの承認が必要です。
テスト環境をご利用中に、ダッシュボードよりお申し込みください。

ダッシュボードでの売上の振込

売上の振込はダッシュボードからも可能です。

サードパーティ製品向けプラグイン・ライブラリ

下記のサードパーティ製品向けプラグイン・ライブラリを提供しています。

Rubyをはじめとしたライブラリ、モバイルSDK

OmiseのAPIを利用する際や、クライアントサイドでのインタフェースを構築する際などに役立つ各プログラミング言語向けのライブラリ・モバイルSDK(iOS、Andriod)を無償提供しております。

カスタマーサポート

サービスの詳しいご利用方法は「サポート」からご確認いただけます。また、開発や契約に関する個別のご質問もメールにて承っておりますので、お気軽にご相談ください。