Schedule APIリリースのお知らせ

Cover Photo

この度、かねてより多数ご要望をいただいていた「Schedule API」をリリースしました!
Schedules API は、課金(ChargeのURL挿入)や振込(TransferのURL挿入)を定期スケジュールに則り自動作成するためのAPIです。サブスクリプションコマースで定額課金を実行したり、売上の支払リクエストを設定したり、活用シーンは様々。組み込みも簡単なので、ぜひご活用ください!

Schedule APIなら、課金も振込も簡単に自動化できます。

定額課金

Charge Schedule

定額課金を始めるには、まずCustomer IDにひもづくスケジュールを作成します。課金のタイミングや間隔は、日付毎、曜日毎など自由に設定でき、年次から週次まで幅広く対応しています。月額制コンテンツ購読料金やメンバーシップの年会費など、様々なシーンでご活用ください。スケジュールの設定方法はいたってシンプル。こちらのガイドを見ながら、テスト環境で実装して見てください。

自動振込

Automatic Payouts

Omiseでは、売上金額を銀行口座へ入金する際、加盟店の任意のタイミングでリクエストを作成します。Schedule APIを使えば、ダッシュボードにログインせずに、振込リクエストを自動で走らせることができるようになりました。一度振込日や金額を指定すれば、あとは自動的に振込が実行されます。お振込可能残高の「全額」「一定金額(例:5万円など)」「◯%」と細かく設定できるのも便利なポイントです。Schedule APIを導入して、毎月の振込作業を大幅に効率化しましょう!

Schedule機能に関するご質問、ご意見等はお気軽にOmiseサポートまでご連絡ください。

関連記事: