1 mins read

OmiseはRabbit LINE Payと提携し、Eウォレットユーザーにサービスを展開する

Pond

Omise partners up with Rabbit LINE Pay to capture the growth of e-wallet users

(左から)Omise のCEO共同創業者であるEzra Don Harinsut 氏、Rabbit-LINE Pay のCEOであるVictor Topoyosakul 氏。

決済プラットフォームを提供しているあるOmiseは、これまでもタイ国内の大手EC企業に数多くサービスを提供してきました。この度、Eウォレットサービスの主要プロバイダーであるRabbit LINE Pay(タイ)との提携を発表しました。今回の提携により、Omise が提供するサービスの幅が広がり、顧客である加盟店にとっては、より魅力的な決済手段を提供できるようになります。

デジタルウォレットは、タイのEC市場で最も重要な決済手段の一つとなっています。今回のRabbit LINE Pay との提携により、Omise を利用している数多くのEC事業者に以下のメリットを生み出します。

  • サポート範囲の拡大 — タイ国内の800万人以上のユーザーが利用しているEウォレットをパソコン、モバイルを問わずに、決済することができるようになります。

  • 豊富な顧客インサイト — すべての決済チャネルに関するバックエンドシステムが連携しているため、チャネル間の決済データにアクセスできます。

  • 一元化されたレポートポータル — 決済チャネルの全取引と売上の記録を統合し、経理チームと運用チームがアカウントの調整を容易に行えるようになりす。

双方の先進的な技術を組み合わせることで、よりスムーズな購入体験を得ることができます。Rabbit LINE Pay がOmise で利用できるようになりました。詳細については、https://www.omise.co/rabbit-linepay をご覧下さい。

タイ国内でOmise を活用する決済方法については、 https://www.omise.co/payment-methods/thailand をご覧ください。

詳細はこちらから

メールを登録しOmiseからの更新情報を受け取る
購読してくれてありがとう

メールにサインアップしていただきありがとうございます

Omiseは、お客様のウェブサイト全般における利便性を向上するためにクッキーを利用し、お客様のアクセス、閲覧履歴に関する情報を収集します。 当社のウェブサイトを閲覧し続けることにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに同意することとします。 詳細はこちら