2 mins read

Omise はEventpop と提携し、タイ国内の企業向けオールインワンECプラットフォーム「Esimo」の提供を開始

Carol

cover

Omise は2021年初頭、Eventpop と提携し、タイ国内の企業向けにオールインワンのECプラットフォーム「Esimo」の提供を開始すると発表しました。

Omiseは2013年の創業以来、東南アジアと日本において、決済サービスプロバイダーとして、決済サービスを提供してきました。一方、Eventpop は、EC、プラットフォーム開発、加えて1万回以上開催してきたイベントで得た知識やテクノロジーを保有しています。今回の提携により、Omiseは決済サービスだけでなく、ECプラットフォームの分野にもサービスを拡大していくことになります。

cover

あらゆる業種のブランド、起業家、小売業者であっても、Esimo を導入することで、プラットフォームから直接、迅速かつ便利にビジネスを開始、運営、そして促進させることができます。今回の提携により、ユーザーは以下のようなEC機能を利用できるようになります。

  • ショッピングカート機能を内蔵した、カスタマイズ可能なECプラットフォーム
  • 注文から発送・在庫管理までを一元管理できるシステム
  • Omiseの堅牢なセキュリティの下、統合されたオンライン決済サービス
  • 多店舗・多拠点在庫管理システム
  • サードパーティパートナーが提供する物流ソリューション
  • カスタマイズ可能なビジネスオートメーション(放置されたカートに対し自動で通知を送付する、など)
  • マーケティングを管理するポータル
  • 今後も継続してサービスを展開して参ります。

Omise の最高経営責任者であり共同設立者であるEzra Don Harinsut 氏は、「今年はこれまでにないほど順応性を必要とする年となりました。この10ヶ月間で企業は、急速に変化する市場環境に素早く対応し、消費者の購買行動の変化に適応するため、アジリティとテクノロジーがいかに必要かを痛感しました。そうした状況でECは、購買の主要チャネルのひとつとなり、過去2四半期において重要な役割を果たしました。」と述べています。

オンライン・セールス・チャネルをはじめとするデジタル・トランスフォーメーション・ツールは、著しい進化を見せています。2020年の第1四半期から第2四半期にかけてサービスを利用開始したOmise 加盟店の数を2019年と比較すると、83%もの大幅な増加が見られました。「McKinsey Global Payments Report 2020」によると、パンデミックが始まって以来、マーケットプレイス・プラットフォームへの新規登録は70〜150%増加している、と報告されています。ECやデジタル決済の利用は、ファッションや食料品などの主流分野だけでなく、ヘルスケアや専門サービス、教育などの小売業の分野でも大幅に増加しています。

Harinsut 氏は、「オンラインでビジネスを運営することにより、顧客ニーズを満たすことの必要性は、これまで以上に高まっています。Esimo との提携により、ECの世界でOmise が果たす役割は決済の分野を超えて拡大しています。これは、デジタルコマースを推進するための次のステップとなります。」とも述べています。

Eventpop の最高経営責任者であり、共同設立者でもあるPattaraporn Bodhisuwan 氏は「Eventpop は、企業が業界最高のテクノロジーを活用して、ビジネスを効率的、また合理的に実施できるようお手伝いし、その結果、企業が本当に重要なこと、すなわち顧客に集中したビジネスを展開できると確信しています。」と語っています。

features

社内に開発チームを持たないブランドや加盟店でも、プログラミングや技術的な知識がなくてもEsimo を活用することができます。新たにダウンロードやインストールすべきソフトウェアはありません。個別カスタマイズされたソリューションをご希望の企業には、APIを提供し、コンサルタントチームが支援する体制を整えています。


Join waitlist

Esimoの詳細については、 www.esimo.co をご覧ください。

詳細はこちらから

メールを登録しOmiseからの更新情報を受け取る
購読してくれてありがとう

メールにサインアップしていただきありがとうございます

Omiseは、お客様のウェブサイト全般における利便性を向上するためにクッキーを利用し、お客様のアクセス、閲覧履歴に関する情報を収集します。 当社のウェブサイトを閲覧し続けることにより、お客様は当社のプライバシーポリシーに同意することとします。 詳細はこちら