急拡大するマクドナルドのオンライン注文を支える ファーストフード最大手マクドナルドがOmiseの決済サービスを導入

日本および東南アジアでオンライン決済サービスを展開するOmiseは、この度、McDonald’s Thailand Co., Ltd.(以下、マクドナルド=タイ)と業務提携したことをお知らせいたします。この提携により、マクドナルド=タイが提供する、ウェブサイトやモバイルアプリなどを通じたオンライン注文をよりシームレスに利用することができるようになります。

Management Photo (左から順に) Ezra Don Harinsut (Omise COO), 長谷川 潤 (Omise CEO), Hester Chew (McThai CEO), June Seah (Omise Chief Business Development Officer), Sorasit Booncharoensukpisarn (McThai Associate Director).

■事業提携の目的 タイでは、消費者のオンラインサービス、とりわけモバイルアプリケーションの利用が増加しているため、デジタルチャネルを通じた商品の購入が急速に拡大しています。マクドナルド=タイは今後ますます増えていくオンライン注文に対応するために、顧客に対してシームレスな購入体験を提供することのできる最新のオンライン決済プラットフォームを必要としていました。

マクドナルド=タイは顧客体験をシンプル、迅速、かつ便利にするためにOmiseのオンライン決済サービスを導入し、顧客が商品を購入する過程を改良しました。その結果、従来のシステムではカード決済を利用するためにはページ遷移を行う必要がありましたが、Omiseのサービスを導入した現在のものではすべての過程を単一のページ上で完結させることが可能になり、決済に必要な時間と手間を大幅に削減することに成功しました。

■Omise CEO 長谷川 潤のコメント オンラインにおける顧客体験はお客様が注文をされた瞬間に始まります。そして、決済はその顧客体験を左右する重要な要素です。マクドナルドのお客様に心地よくサービスを利用していただくには、すべてのプラットフォームやデバイスにまたがった、非常に安全性・利便性が高い支払い手段を提供することが重要でした。さらに、今後提供が予定されているOmiseGOの決済ネットワークとの統合がされると、決済時に様々なお支払い方法がご利用いただけます。これによりお客様と加盟店様、双方に利便性をもたらします。

■McDonald’s Thailand Co., Ltd. CEO Hester Chew氏のコメント Omiseの決済サービスはすべてのカード発行会社による支払いを容易に統合してくれるため、お客様にウェブとモバイルアプリを通じたオンライン注文をより使い勝手良くご利用いただくことができるようになりました。

■McDonald’s Thailand Co., Ltd.について https://www.mcdonalds.co.th McDonald’s Thailand Co., Ltd.は1985年に世界で35番目の国として創業され、現在タイ全国で243店舗を展開しています。ドライブスルー、デザートセンター、マックカフェ、無料のWi-Fi、電子ブックなど、お客様のライフスタイルに合わせた様々なサービスを提供しており、ほぼ半数の店舗が24時間営業しています。McDeliveryサービスも24時間対応しています。