お困りですか?

APIシークレットキーが漏洩してしまいました。

Last updated on 2016年05月17日(火)

APIシークレットキーが漏洩してしまった場合、以下の理由が考えられます。

  • シークレットキーがリポジトリに誤ってコミットされた場合
  • 退職したエンジニアがシークレットキーを持っている場合
  • ハッカーにサーバーを攻撃された場合
  • 認定されていない誰かがシークレットキーを持っている場合 

上記のいずれかに当てはまる場合はすぐにキーの更新をしてください。 ログイン後にダッシュボードで「APIキー」を選択し、「キーの更新」をクリックして下さい。

https://dashboard.omise.co/live/api-keys

アカウントセキュリティのため、キーの更新をするたびにIPアドレスとアクセス日時がメールで届きます。 

お探しの答えが見つかりませんか?

お気軽にご相談ください。担当者から折り返しご連絡いたします。