このページは現在翻訳中です。

Magento 2(マジェント2)

決済のお手続きの際に感じていた煩わしさはもうありません。Omiseは、皆様がオンライン決済手続きを面倒なくご提供できるよう、便利な拡張機能を用意しております。

利用可能なバージョン 

Omiseでは、より多くのMagentoユーザ様をサポートさせていただくため、対応バージョン数を充実していきます。

現在利用可能なバージョンの一覧はこちらです。

  • Magento (CE) 2.1.5 on PHP 7.0.16.

ご利用できるバージョンはありましたか。 Omiseでは、より多くのMagentoユーザ様をサポートさせていただくため、対応バージョン数を充実していきます。 現在ご使用中のバージョンがテストされていない場合は、インストール後ご使用いただき、問題があればsupport@omise.co までお知らせください。

レガシーサポート

Magento(CE)1.xシリーズのサポートをご希望の加盟店様は、ドキュメントMagento 1をご確認ください。

はじめに

インストールの手順について

拡張機能のインストールはcomposer(コンポーザー)経由で行います。最初に、Magentoフォルダ内に次の行を composer.jsonの項目に追加します。

...
"require": {
  ...,
  "omise/omise-magento": "@stable"
},
...

完了しますと、composer update(コンポーザーのアップデート)の実行を行うだけで、依存関係のあるモジュールが自動的にインストールされます。(新規でなく)既存のMagentoにモジュールをインストールする場合は、composer(コンポーザー)を実行した後に次のコマンドを実行してください。

php bin/magento module:enable Omise_Payment --clear-static-content
php bin/magento setup:upgrade
php bin/magento setup:di:compile

最初の設定

インストールが終わりましたら、次の方法でモジュール構成を行ってください。

  1. 管理者アカウントでMagentoバックエンドにログインします。 
  2. Stores(店舗)> Configuration(設定)> Sales(販売)>Payment Methods(決済方法)に進みます。

設定は、Omiseセクションの下に表示されます。

omise-magento-2 Configuration

モジュールと各設定の詳細については下記をご確認ください。

設定 説明
有効化/無効化 Omise Payment Moduleを有効または無効にします。
Sandbox 選択すると、すべてのトランザクションがテストモードで実行され、テストキーが使用されます。
Public key for test(テストモード用パブリックキー) テストモード用パブリックキーは、ダッシュボード上で確認できます。
Secret key for test(テストモード用シークレットキー) テストモード用シークレットキーは、ダッシュボード上で確認できます。
Public key for live(ライブモード用パブリックキー)  ライブモード用パブリックキーは、ダッシュボード上で確認できます。
Secret key for live(ライブモード用シークレットキー) ライブモード用シークレットキーはダッシュボード上で確認できます。
Payment Action(決済アクション) 承認された決済のみを受け付ける場合はAuthorize Only、承認後は自動徴収とする場合は、Authorize and Capture をそれぞれ設定します。
Title(タイトル) チェックアウト時に表示されるOmise決済ゲートウェイ。
  • モジュールを有効にするには、Enable/Disable (有効化/無効化)設定をYes(はい)にします。
  • Sandbox(サンドボックス)モードを有効にするには、Sandbox(サンドボックス)の設定をYes(はい)にします。

注意事項:

Sandbox(サンドボックス)の設定がYes(はい)に設定されている場合は、テストモード用のキーが使用されます。Sandbox(サンドボックス)の設定がNo(いいえ)に設定されている場合は、ライブモード用のキーが使用されます。