Omise上でメタデータの保存、エクスポートを行うことはできますか?

Cover Photo

メタデータは、お客様のバックエンドシステムと当社システムとの橋渡しをする重要な役割を担っています。重要な情報をオンラインで管理するだけでなく、CSV、JSON、XLSX形式のデータをエクスポートし、オフラインで使用することも可能です。ダッシュボードからデータをエクスポートしますと、すぐにOmiseのAPIをご利用いただけます。

メタデータ保存用のユースケースがご不明でしょうか? こちらをご覧ください。

料金の詳細をクリックするだけで、ダッシュボードからすべてのメタデータを表示することができます。

API response

Metadata

エクスポートフィールドの選択 

エクスポートに含めるデータフィールドを選択する際は、店舗ダッシュボード上の設定から「エクスポート設定」に進みます。

Settings menu

Export settings

次に、レポートに含めるフィールドを追加します。課金レポートに Order-Id フィールドを追加する、などです。設定のアップデートをクリックして保存してください。

こちらに追加するメタデータフィールドと、作成されていた元のフィールドが同じであることをご確認ください。1文字でもフィールド名の違いがありますと、エクスポートファイルが空列になることがあります。

Add field

Adding fields

メタデータのエクスポート 

ファイルをエクスポートするには、ダッシュボード上の[課金]ページに移動し、ご希望のフォーマットをクリックします。 CSVJSON または XLSX のいずれかを選択できます。

View details on dashboard

The charges page on the dashboard

CSV形式とXLSX形式でエクスポートすると、選択したメタデータがシートの右端の列に表示されますが、JSONを利用しますと、課金に添付されているすべてのメタデータがエクスポートされます。

Sample of exported file

Sample of exported file

関連記事: