オンラインショップをユニークにするために必要なことは何でしょう?

Cover pic

今日、素早くかつ簡単にIT技術を導入できるようになった結果、世界中で数多くのオンラインショップが登場してきました。しかし、数多くのオンラインショップの中で、ユーザーの関心を引き利用されている店舗はごくわずかであるということを考えると、ダーウィンが提言した「適者生存」の理論がこの業界にも適用されていると言わざるを得ません。

多くのネットショップが乱立し流行り廃りも激しいEC業界。その中を生き抜くためにオンラインショップに必要なのは、突出した個性を打ち出す能力、流行りに流されない信念です。こうした険しい環境において、形勢を一変させお客様の利用を増やすためには、店舗独自の個性を引き出すことが必要になります。そして、店舗を独自性のある魅力あるものとするために重要なのは、メッセージと文体を工夫しお客様に届けることです。

メッセージを発信しましょう!

オンラインショップを車に例えますと、目指す方向へ進むためのハンドルに当たるのは、店舗が発するメッセージだと言えるでしょう。店舗からのメッセージは店舗の独自の着眼点や個性を特徴づけるものとなります。皆さんが感じた楽しかったこと、満足したこと、気晴らしとなったことなど、何でも店舗からの声として発信してみてください。

white-label
メッセージは言葉だけでなく、オンラインショップの雰囲気も読者に伝えることができます。

文体を工夫しましょう!

伝えたいメッセージが同じであったとしても、文体によってお客様に伝わる印象は大きく変わります。例えば、商品が在庫切れの時と、取引が成功した時では、お客様へ伝える際の文体は間違いなく変えるべきでしょう。文章の与える雰囲気が状況に適したものであるようにしましょう。

white-label
適切な言葉遣いと文体を用いることで、購入率が12%向上するというデータがあります*。

内容に一貫性を持たせましょう!

メッセージの内容の一貫性、これが皆さんのオンラインショップに顧客を引きつけるための鍵となります。Peak End Rule**の研究によると、ユーザー経験の印象は、「終わり方」にかなりの程度依存していることがわかりました。eコマースにおける「終わり」は「決済ページ」が該当します。

white-label 伝えたいメッセージと用いるべき文体が一致していない事例です。 white-label
購入ページと決済ページに一貫性を持たせることで、使い心地を向上させることができます。

お客様がページ遷移をする必要がなく店舗のページで決済を行うことのできる支払いソリューションを導入し、お客様に伝えるメッセージと文体の一貫性を保ちましょう。

Omiseの決済サービスを導入することによって、簡単にシームレスな顧客体験を提供することができます。

Omiseとともに、この厳しいEC業界を勝ち抜きましょう!

参考資料:  *Youtube: How Words Can Make Your Product Stand Out
**Peak End Rule