お困りですか?

APIのバージョンアップデートはどのように行いますか?

Last updated on 2018年04月27日(金)

ダッシュボード上のAPIバージョンのページから行うことができます。

APIバージョンアップデートが行われるのは、APIに大きな変更点が生じ互換性がなくなる場合です。たとえば、APIバージョンがアップデートされるのは顧客APIに新しく「Phone」フィールドが必須の要素として追加される場合などです。

APIバージョンのアップデートは以下の例のように行ってください。

  1. 最新のAPIバージョン('2014-07-27')をテストモードとライブモードでご利用いただいている場合、以下のように緑色で表示されます。
  2. Omiseが新しいAPIバージョン('2014-08-05')のリリースを行うと、以下のようにテストモードのみ黄色で表示されます。
  3. テストモードのアップデートを行ってください。以下のようにテストモードは緑色、ライブモードは黄色で表示されます。
  4. テストモードで新しいAPIバージョンをお試しください。
  5. テストモードで正常に利用できることが確認できましたら、ライブモードのアップデートを行ってください。

 

 

 

お探しの答えが見つかりませんか?

お気軽にご相談ください。担当者から折り返しご連絡いたします。