Make Me Mango

[この記事は約5分で読めます]

cover

マンゴーはお好きですか?タイは熱帯気候ならではの多くの果物を作っていますが、その中でも最も有名なのがマンゴーでしょう。タイで産出されるイエローマンゴーは、甘くみずみずしいことが特徴で、大変人気があります。マンゴーはそのまま食べてももちろん美味しいのですが、地元のタイ人は他の具材をミックスし、さらに美味しいマンゴーデザートを開発してきました。例えば、マンゴースムージーやマンゴービンスー(流行っています!)、マンゴーシャーベット、そして昔から人気のマンゴーともち米のココナッツミルクソースがけもあります。このような新しい食べ方は、地元の人たちだけでなく、観光客、とりわけ中国人の観光客にとって人気を博してきました。タイでマンゴーを美味しく食べられる季節は年間わずか3〜4ヶ月ですが、デザートカフェ「Make Me Mango」では、マンゴーを愛するお客様で一年中賑わっています。

カフェの始まり

創業者のPloypailin Kornprasertvit氏は、やはりマンゴーを愛する家庭で育ち、その体験とインスピレーションを生かして、マンゴーをテーマにしたデザートカフェ「Make Me Mango」をオープンさせました。Make Me Mangoは、バンコクを拠点とするマンゴーデザートカフェで、マンゴーを中心にしたメニューと居心地の良い雰囲気でお客様をお迎えしています。カフェ1号店は、Kornprasertvit氏の家族が所有する場所(ThaTien支店)でオープンしましたが、彼女のマンゴーへの情熱が、わずか2年半後にバンコクで5号店(The Market G階)をオープンさせるまでに至りました。今回、その5つの支店の1つ、バンコクのセントラルワールド・ショッピングセンター内のMake Me Mangoカフェにて、CEOであるPloypailin氏をインタビューする機会に恵まれました。

「最近のデザートカフェ業界は競争が激化していて、マーケット内での存在感を確立するだけでなく、マーケットをリードすることも大切です。私たちは、個性豊かなメニューを提供することに加え、サービスの向上、また良い思い出を体験していただくための方法を探しています。例えば、以前は一部の支店において現金のみのお支払いを受け付けていましたが、ショッピングモール内で事業展開を始めた際、多様な決済方法を受け入れることの重要性に気づき、決済チャネルの拡大を決定しました。キングパワー免税店(3階・ランナム支店)にある私たちのカフェは、とりわけ中国人観光客の間で非常に人気があり、多くのツアーグループがここに毎日立ち寄り、買い物や食事をお楽しみいただいています。加えて、バンコクで有名なショッピングセンターである、アイコンサイアム・髙島屋支店(UG階)、セントラルワールド支店(3階)にも、様々な国からお客様がお見えになります。まさに、世界中のマンゴー好きのお客様が、私たちのカフェに立ち寄って下さっているのです。」

statistical artwork

Nielsenのレポートによると、(中国人)観光客の92%が、Alipayが導入されている店舗での買い物を検討し、91%が、Alipayが利用可能になった時点でさらに商品を購入することを検討する、とのことです。

quote

中国人観光客の消費行動への適応

「中国からのお客様は、現金を持ち歩く習慣があまりないので、Alipayの看板を見ると安心して店舗を利用されます。店舗として、お客様に最も便利な選択肢を提供することを目指す中で、Omiseを導入することで迅速でシームレスな決済オプションを提供した結果、お客様の店内でのご利用額が増加しました。2019年1月は、Alipayだけで600件近くの取引がありました。」

中国人観光客とAlipayは一体です。Alipayが使用できる場所で、中国人観光客の消費が生み出されます。

OmisePayの導入が、中国人の消費者の必要をどう満たすのか

Mango dessert

「私たちはマンゴーデザートが専門であり、当然、社内にネットの技術チームを持っている訳ではありません。当初、Alipayを導入するためにOmisePayを使用し始めた時、社員たちは主にシステムやアップデート設定について懸念を持っていました。さらに、店舗スタッフは地元のタイ人ですので、アプリ使用時の言語の点も心配していましたが、Omiseはタイ語のプラットフォームを提供し、そうした不安を一掃してくれました。」

「OmisePayには、シンプルに使えるインターフェイスが準備されていたため、店舗スタッフがストレスなくOmisePayの使い方に慣れることができました。今では、店舗スタッフが、中国人観光客の入店を確認した段階で、自動的にAlipay決済の準備をするようになっています。」

QRコード決済の魅力

Alipayを介してQRコードによる決済を始めると、海外のなじみのない紙幣や硬貨に煩わされずに、店舗を利用する観光客にスムーズな取引を体験していただけます。お客様がお支払いのために必要なのは、モバイル機器でQRコードをスキャンすることだけです。加えて、処理が速いキャッシュレスチャネルを加盟店側が提供することで、一度に多くのお客様に、スピーディーなサービスを提供することができるようになります。

Mango jelly

写真の説明:新商品のマンゴーゼリーキューブは、Make Me Mango全支店で提供しています。

タイは未だに現金重視の国であるとお思いの方も多いようです。しかしながら、現実は着々とキャッシュレスの社会的な実装が進められています。電子決済のソリューションとしてOmisePayを導入されると、お客様は多額の現金を持ち歩く必要もなく、「ATMへのダッシュ」も要らず、またお店側にお釣りがない、というよくある状況から回避することができるようになります。

Alipayの利用手続きはこちらから(日本未対応)