iGym

誰にも見られない隠れ家ジム

シンガポール住宅街にある新しいフィットネス、iGymに足を踏み入れると、コンパクトながらも、活力に満ちたスペースに驚かれることでしょう。このジムはオープンしてわずか3ヶ月ですが、これまでの常識を覆す場所として人気を博しています。まず、その施設は全くの無人スペースです。ジムのユーザーが必要なのは、携帯アプリだけです!

このアプリは、ユーザーにとって必要な機能をすべて提供できるようデザインされています。例えば、ユーザーはこのアプリだけでメンバーシップを登録し、スキャナーを使って入店し、Eウォレットにチャージして、すぐにメンバーシップの更新を行うことができます。

iGymの創設者Zen Lee氏は、このiGymアプリを、人々の健康を増進させる、一体型のアプリにしたい、というビジョンを持っています。まもなくこのアプリは、利用者が日誌とデータを利用して、日々の食事の内容から自分の栄養状態をチェックできる、健康管理アプリとして活用できるようになります。さらに、定期的なトレーニングを記録するためのデジタル日誌としても活用できます。

iGym:利用者に力を還元する

iGymの創設者であるZen Lee氏は、15年以上フィットネス業界に携わってきましたが、経験上大切なのは、顧客の記憶に残る体験をしてもらうことだと考えています。それで、利用者がジムの愛好家であろうと初心者であろうと、安心してジムを利用できる環境を提供し、利用者に力を還元する、この点をiGymのコンセプトとしています。多額の手数料、前払金を徴収することなく、iGymに入会しやすい環境を整え、多くの人がより健康的なライフスタイルを楽しめるように、その一歩を踏み出せるようにサポートしています。

Omiseシステムはどのように顧客体験を向上させるか

ジムは自動化されているので、モバイルアプリとテクノロジーのシステムが相まって初めて、顧客体験を向上させることができます。iGymが決済ソリューションに求めていた条件はいくつかありました。その中には、 1) 信頼性があり、安定したEウォレットを提供していること 2) アプリとAPIプラットフォームがシームレスに統合できること 3) 顧客が使いやすい、カスタマイズ可能な決済プラットフォームであること

Omiseとの提携で、iGymは同社が必要としている条件を全て満たすことができました。

同時にZen氏は、テクノロジーの分野に関しても、Omiseサポートチームが提供している、問題解決の技術的な高さにも注目できる、と語ってくれました。

以下のビデオから、シームレスなEウォレットのチャージの仕方をご覧ください!



Subscribe to receive the latest updates from Omise
Icon mail sent
Thank you!

You are subscribed.