Gogoprint(ゴーゴープリント)

お客様: Gogoprint

インタビューに応えて下さった方: Gogoprint(タイ)専務理事David Berghaeuser氏

Omiseサービスの利用開始: 2015年11月

Gogoprint

タイ国内の個人や企業の多くは、オンラインで商品を注文した後、昔ながらの銀行振込や代金引換で決済していますが、今、この流れは変わりつつあります。この流れを加速させるには、まずはマーケットの主導、そして政府や企業が取引において現金の使用を控えること、その両方が必要です。

私たちGogoprintが持つ第一の目標は、東南アジアの印刷業界を再構築することです。複数の顧客から印刷物の注文を一度にいただいた場合でも、高度なアルゴリズムを利用することで、紙の無駄を減らし、当社がより速いサービスをより良い価格でご提供できるようになります。

「印刷業界にとって、利便性や透明性を向上させていくことは不可欠なことですし、当社が実現させることのできる分野です。ですからGogoprintとしては、顧客の選択肢の中にオンライン決済を含めることがどうしても必要でした。」

Gogoprint MD

なぜOmiseなのか?

「私たちが調査した結果、タイでサービスを提供している決済プロバイダーは、残念ながら時代遅れのオンライン会社が大多数を占めていました。しかしOmiseに関しては、当初から他社との大きな違いに気づきました。非常にオープンなシステム、十分な説明が添えられたAPIドキュメント、グローバルレベルの管理業務、リーズナブルな手数料、さらにテンポの速い仕事環境、またマーケットの変化に非常に敏感に反応する姿勢です。」

「Omiseが他社との差別化に成功している要因は、完全なオンサイト・チェックアウトを提供していることです。他の決済ゲートウェイは、ユーザーを自社の決済ページにリダイレクトし、決済が完了すると購入ページにリダイレクトします。しかし、これはカゴ落ち率に影響がありますし、決済ゲートウェイが開かなくなるポップアップブロッカーの問題もあるため、これは大きなマイナス要素となります。」

メリット

Omiseを使用することで、Gogoprintは決済インフラの構築に多額の資金を投資することなく、利便性の高いオンライン注文プロセスを顧客に簡単に提供できます。業務の合理化と共に問題を未然に防ぐためには、安全、かつ信頼性の高い決済ゲートウェイが必要です。

「何も心配する必要がない。これは、Omiseを使用して感じることです。実装もIT担当者にとっては非常に簡単でしたし、経理チームも業務がしやすいと感じています。最も重要なこととして、すぐに問題を解決でき、顧客のニーズを満たすことのできるOmiseサポートチームの存在もありました。」

「Gogoprintのウェブサイトは2015年後半に開設されましたが、初日からOmiseを導入し今に至っています。皆さんにも導入を強くお勧めします!」

Gogoprintについて

Gogoprint は2015年11月に東南アジアの印刷業界を激震させるという使命のもと、David BerghaeuserとAlexander Suessによって創業されました。同社はシンガポールに本拠を置く持ち株会社(Gogoprint Pte.Ltd.)の下で、国際的な投資グループOPGの資金援助を受けています。同社は、印刷量が比較的少ないと言う理由で旧来の印刷業界で見過ごされてきた、中小企業に主に注力しています。こうした企業が前進できるよう、Gogoprintは低価格で透明性の高い価格設定を提供し、絶え間なく最適化されていく最も利便性の高いオンライン注文プロセスに注目しています。Gogoprintのビジョン、それは印刷は安価で、便利で、誰にとっても気持ちよく利用できることを知っていただくことです。

Gogoprint Office

Subscribe to receive the latest updates from Omise
Icon mail sent
Thank you!

You are subscribed.