お困りですか?

お客様がチャージバックを取り下げる場合、証拠の提出は必要ですか?

Last updated on 2016年06月29日(水)

いかなる場合も、カード会社へ証拠提出が必要です。

はい。お客様がチャージバックの要求を取り下げる場合も、通常どおり要求されている証拠の提出が必要です。提出時、お客様の意向が表明された書面を添付してください。

チャージバックの要求に対しては、いかなる場合も、取引が正当に行われたことを証明するための対応をとることが重要です。チャージバックの有無に関する判断にはクレジットカード会社やカードネットワークも関与しているため、コミュニケーションが滞りなく行われない場合、加盟店側に否があると判断される可能性が高くなります。 

どのような証拠を集めれば良いですか。

加盟店様もしくはお客様から、チャージバックの要求を引き下げる意向をメールなどでお伝えいただくだけでは、証拠として不十分とみなされます。したがって、加盟店様には、お客様の署名または捺印がある意志表明書のご提出を推奨しております。書面の内容には、該当金額、お取引実行日、ご利用カードの発行会社名、カード番号の下4桁が含まれていることが望ましいです。この意志表明書をその他の証拠書類と併せてご提出ください。

お客様がチャージバック要求の引き下げに応じられた場合でも、その後お客様からカード発行会社への報告が行われなければ、引き下げ案件としての処理は実行されません。そのため、上述の意志表明書のご提出をもって、正式に案件の引き下げ処理を行うことが重要です。ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

チャージバックの対応に関する詳細はこちら

お探しの答えが見つかりませんか?

お気軽にご相談ください。担当者から折り返しご連絡いたします。