3分で分かるコンビニ決済

Omise Payment コンビニ決済スタート!

 この度、Omise Paymentは新たにコンビニ決済への対応を開始いたしました!

 この記事では、「コンビニ決済とは何か」「コンビニ決済がどのようなサービスに向いているか」という点をご紹介させていただきます!

コンビニ決済とは

 コンビニ決済は、ユーザーがバーコードをコンビニエンスストアの店頭で表示するだけで、現金決済を簡単に行うことができるサービスです。

 日本全国のコンビニエンスストアにて24時間365日いつでもお支払いが可能であるため、お客様にとって使いやすい決済手段です。

日本人の3人に1人が使うコンビニ決済

 総務省平成27年通信利用動向調査によれば、日本ではオンラインで決済をする際に「コンビニ決済」を利用するという人が 36% も存在しています。実に日本人の3人に1人がコンビニ決済で支払いをしているのです。

usageRatio

 コンビニ決済はユーザーの信用保証を必要としないため、クレジットカードを持てない・持ちたくないといったお客様を含め、あらゆる顧客層にとって利便性の高い決済手段といえます。

 特にクレジットカードを持てない 10代から20代の若年層 や、クレジットカードをインターネット上で使うことに不安感のある 女性、年配層 などへのリーチ拡大に効果的です。

 このような顧客層をターゲットとされる商品・サービスをご提供なさる場合、コンビニ決済の導入をおすすめいたします。

日本全国のコンビニエンスストアでご利用可能

 Omise Paymentのコンビニ決済は、上記のコンビニエンスストアの日本全国全ての店舗でご利用いただけます。

ペーパーレスでコスト削減

 お客様がコンビニ決済を選択された場合、インターネット上で決済番号がお客様に伝えられます。番号を受け取ったお客様はコンビニで支払いを完了させます。つまり、 払込用紙の発行代や発送料がかかりません。コンビニ決済を使えば無駄なコストと手間を省くことが可能です。

払い戻しの心配不要

 さらに、コンビニ決済では払い戻しが発生することがないため、安心して売上を積み上げることができます。

Omiseのコンビニ決済は何が違うのか?

 ここまで、コンビニ決済の概要についてご説明いたしました。次にOmiseの提供するコンビニ決済の特徴をご案内いたします。

<申し込み前に無料でテスト可能!>

 Omiseに興味を持たれたあなた、今すぐOmiseのサービスを試してみませんか?    Omise Paymentは今すぐにでもほぼ全ての機能をお試しいただけます。

 多くの場合、決済サービスの利用を開始するには、

・問い合わせフォームに個人情報を記入する

・郵送された分厚い資料を読む

・見積もりを作成

 などの面倒ないくつものステップを踏む必要があります。

 ようやくテストできたサービスが期待を下回るものだったらどうでしょうか?

 Omiseはサービスのクオリティに自信を持っているため、誰でも即座にテストアカウントを作成し、本当に使いやすいのかどうかを試せるようにしています。用意するものはメールアドレスだけです。

 Omiseの決済サービスを早速試してみませんか?

 テストアカウント作成はこちらから!

<ダッシュボードから簡単に管理可能>

 シンプルで使いやすいインターフェースのダッシュボードから、他の決済手段も含めて一元的に管理することができます。

 必要なデータはCSVファイル形式でダウンロードして利用することが可能です。

<初期費用・月額利用料0円 利用料は0.5%+150円>

 Omiseは初期費用・月額利用料0円でご利用可能です。利用料は0.5%+150円(1トランザクションあたり)のみです。

 サービスを開始したての企業でも安心して導入していただけます。

 新たなサービスを生み出すスタートアップ新規事業などでの利用に最適な料金体系です。

<例> 年間売上額が2,000万円(平均決済額20,000円、取引件数1,000件)の場合

priceComparisonSheet

priceComparison

<安心安全のサポート体制>

 Omiseは充実のサポート体制を整えております。

 お困りのことがございましたら、こちらのメールアドレスからご連絡ください。

 support@omise.co


 コンビニ決済の特徴についてお伝えできましたでしょうか?

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

コンビニ決済関連ページ

・開発者の方→ドキュメント

・利用申請のフローを知りたい方→利用申請フロー

・Omiseのコンビニ決済に興味を持たれた方→テストアカウント無料作成