Omise Award 2017 Tasty Tableを運営する株式会社ブレンド様に決定!

2017年のOmise Award は、Tasty Tableを運営する株式会社ブレンド様に決定いたしました!

株式会社ブレンド様にプレゼントを贈呈しインタビューいたしました!

Omise Awardとは:Omise加盟企業様の中から最もインパクトのあった企業,サービスを表彰する賞です。弊社内で議論を重ねた結果、今年は最も成長率の高かったTasty Tableを選出いたしました。

田尾さん
写真左:CEO 田尾様

Tasty Tableとは

Tasty Tableは、素敵な食卓をプロディースするミールキットサービスです。

厳選された食材と調味料、そして有名レストランのプロのシェフが書き下ろした本格レシピがキットとなって毎週自宅に届きます。誰でも自宅で憧れのレストランのような食事を作れるサービスです。

この1年間、急成長したサービスであり、数多くの メディアにも取り上げられました。

キット
Tasty Tableのミールキット

この1年を振り返っての感想を教えてください!

北國様(以下敬称略)

Tasty Tableというブランド作りの1年だったかなと思います。ミールキットと聞くと手軽で簡単に家庭料理が作れるといったイメージがあるかもしれませんが、Tasty Tableの場合は料理と食事を楽しんでもらいたいというコンセプトが根底にあります。メニューを選ぶ時のワクワク感から始まり、自宅に商品が届いた時の喜びや実際に料理を作って食事をする時の感動まで、一貫してTasty Tableを楽しんでもらえるかどうかという所を考えて作ってきました。

CEO 田尾様(以下敬称略)

コツコツと1つ1つのプロセスを改善していく作業が大変でした。 ミールキットビジネスは、お客さんから注文を受けてから実際に体験してもらうまでにお客さんと多くの接点を持ちます。注文して、作って、食べて、シェア。 この一連の流れを丁寧に改善し、お客さんの満足度を上げることに徹底しました。 Tasty Tableはサブスクリプションビジネスなので、お客さんに「また食べたい!」と感じてもらい繰り返し利用していただくことが重要です。 1つ1つの細かい工程を地道に改善していくのは大変でしたが、今年の初めと比較してずっと良いサービスになったと胸を張って言えますね。

アプリ
顧客体験をグレードアップさせるために 11月には業界初となるアプリをリリース

急成長を支える上で最も大変だったことは何ですか?

北國

世の中の「ミールキット」に対する認知を拡大させることでしたね。 現在は競合も多く参入してくるようになりましたが、ミールキットビジネスは初めからマーケットが存在しているビジネスではありませんでした。 今年の初めの頃は、友人に「ミールキット」と言っても、「?」という表情をされてしまう状況。 まず世間に「ミールキット」を知ってもらうことが重要であると実感し、メディアの協力を受けながらプロモーション活動も交えて啓蒙的な活動を続けました。

日経トレンディ
Tasty Tableの普及もあり、「ミールキット」は 日経トレンディ2017年ヒット商品で4位にランクインしています

最も売り上げの向上に貢献したものは何でしたか?

田尾

「味」と「体験性」ですね! このサービスのコアは「作って食べること」なので、「うまっ!」という感動がなければ繰り返し使ってもらえないし、作る過程も含めた全体の体験における満足度が高くないと口コミで広がることもありません。 小手先のテクニックを使うよりも最も重要な要素である「味」や「体験性」にこだわりを持って、真正面からお客さんの体験と向き合ったことがこの1年の成長につながったと思います。

北國

「味」に関してはサービス開始当初から神経を注いでいました。 多くのミールキットビジネスは「時短」「手間削減」を売りにする一方、私たちは「料理を作ること」「食べること」自体の楽しみを重視していたので、「味」が良いことは必須要素でした。

インスタ
Tasty Tableさんの インスタグラムには美味しそうな料理の写真がたくさん掲載されています

今後の抱負を聞かせてください!

田尾

我々はネットビジネスから食ビジネスへの異業種参入だったので、この1年は試行錯誤を繰り返しながらノウハウを積み重ねる年となりました。 来年は今年貯めた知見を生かし、全てのエネルギーを成長に向けていきます。 もっともっと伸びていくので楽しみにしていてください!

北國

この1年で大手企業を始めとした競合が多数参入してきました。自分自身としてはこういう状況の方が燃えるので、より一層来年も頑張りたいと思います。スタートアップらしく、スピード感と実行力をフルに発揮してマーケットで一番を目指します!

2人
写真左:CEO 田尾様 写真右:北國様