お困りですか?

アメリカ、イギリスおよびカナダのカード承認率を改善するには、どうしたら良いですか?

Last updated on 2019年11月25日(月)

加盟店は、AVSを有効化するための情報を入力することで、アメリカ、イギリス、およびカナダのカード承認率を改善できます。

AVSとは何ですか?クレジットカードの承認率はどのように改善されますか?

AVS (Address Verification System) は住所確認システムのことで、不正行為の予防と同時に、カード承認率を改善を促すものです。アメリカ、イギリス、カナダのカード会員向けのサービスです。

AVSは、クレジットカードでの決済時にカード会員の請求先住所を物理的に照合、検証することで、決済を迅速に承認し、同時に不正行為を防止します。

AVSとはどのようなシステムですか?

AVSは、請求先住所の数字の部分、つまり、決済画面で顧客が入力した住所と郵便番号を検出し、カード発行会社の持つ情報と照合します。情報が一致していれば、トランザクションが検証されます。

AVSをどのように有効化できますか?

上記各国のカード会員から決済を受領する加盟店が、決済画面に請求先住所のフォームを追加し、AVSを有効にするためのカスタマイズを行う必要があります。 AVSを有効にするために必要なフィールドは、以下のとおりです。 

  • street 1
  • city
  • state
  • country
  • postal_code

上記の変更は、トークンAPIから行えます。

AVS検証の例:

アメリカ、イギリス、カナダのカード会員が決済画面にアクセスすると、請求先住所とカード情報を入力する必要があります。

カード会員が以下のように請求先住所を入力した場合:

123 Wall Street, New York, NY, 10005, USA

AVSは、課金を承認する前に、上記に含まれる数字 12310005 がカード発行者に登録された情報と一致するかどうかを確認します。番号が一致しない場合、トランザクションは拒否されます。

注:こちらのAVS機能は、プラグイン及びOmise.jsのビルド済みフォームを使用する加盟店によってサポートされていません。

お探しの答えが見つかりませんか?

お気軽にご相談ください。担当者から折り返しご連絡いたします。