ライブラリ

OmiseのAPIを利用する際や、主要なプログラミング言語、プラットフォーム用のライブラリとSDKを提供しています。

クライアントサイド向けライブラリ

クライアント側のライブラリは、ユーザーのデバイス上で機密データを安全に受け入れ、直接トークン化するようにデザインされています。 このライブラリではパブリックキー認証が利用されます。

サーバーサイド向けライブラリ

サーバー側のライブラリは、既にトークン化されたデータを処理するようにデザインされています。 通常、このライブラリではシークレットキー認証が利用されます。

Omiseライブラリへのコントリビュート

OmiseのライブラリはGitHubで管理しているオープンソースです。

機能の追加や改修など、皆さんからのプルリクエストはいつでも大歓迎です。